わたしのまいかーライフ。コロコロまあるいシトロエンC3と、ちっちゃなスーパースポーツ・スズキカプチーノの「ま、いっかー」な日々・・・。


by r_kanako

ナビ子さん

e0092444_0555060.jpg 納車の翌日、慣らしを兼ねてちょっと遠出、どこへ行こう・・・佐世保にハンバーガーを食べに行こう。そう思って実は昨日から準備だけしていた、どこがおいしそうかな・・・今はインターネットで情報が簡単に手に入る、今回も「佐世保 ハンバーガー」と検索しただけで、10店舗ほど写真付きで。日曜日に開いていて、昼間に営業しているお店をざっとチェックして、さて・・・どこにしよう、ここが安くておいしそうだからここにしよう。




 私のC3はAVNというモデル、なんと、ナビが付いてきた。せっかくなのでこのナビに目的地をセットして、道案内をしてもらおう。説明書を見ながら目的のお店の場所を設定して・・・出発。

 道案内をしてくれるナビの音声は、女性の声だった、せっかくなんで「ナビ子さん」と呼ぶ。途中の唐津市内までは通い慣れた峠道と海沿いの国道、そして松原の中と走り抜けていくのがいつもの私、でも、ナビ子さんはそんなこと知ったこっちゃなく、やたらと大通りに私を誘導したがる。唐津をすぎると私もあまり詳しくはなくなってしまうので、ナビ子さんの本領発揮。全く迷うことなく佐世保のハンバーガー屋さんに着いた、凄いぞ!ナビ子さん。

 初めて食べた佐世保のハンバーガーは、塩辛さが全くなくてとってもヘルシー、しかも挟んである具がとっても種類が多く、バランスもよさそう、バンズがかりっと焼いてあるのも◎。あっという間に平らげて・・・レギュラーじゃちょっと物足りなかったかも、これで350円なら激安、また来よう。

 ただ、注文を捌ききれない様子で「30分ほど待ってて下さい」だから、ファストフードじゃないね・・・その間に近所の郵便局にお金を下ろしに行く・・・とは言うもののどこにあるか分からないので、再びナビ子さん登場。佐世保の郵便局で検索して、近所に大きな局があるのが判明、つれてってもらう。

e0092444_113185.jpg 食後に以前行ったことがある「本土最西端の地」に行こうと思い立って、ナビ子さんで検索してみる、地図を出して「たぶんこの辺だった」というところを目的地にして、出発。3年くらい前にバイクで来ただけだったけど、ナビ子さんはその道に案内してくれた、おかげで行く先々で「あ、ここ通った〜」と想い出にひたれたくらい。道に迷うこともなくあっさり到着、入り江の傍にあった小さな天主堂は取り壊され、丘の上に立派な教会が建っていた、跡地では近所の子供たちが遊んでいた。教会をバックにC3の写真を撮って、今度は「神崎鼻公園」へ、ここが本土最西端の地、入り江の傍らにちょっとした団地があり、その奥の茂みの脇を抜けると、モニュメントが建っている岩場に着く。夕日がきれいに輝いていて印象的な光景、ここの入り口でもC3の写真を撮っておく。

 帰りはナビ子さんに「高速経由」のルートを設定しておき、再び道案内をしてもらいながら帰り着いた。でも、高速を走っている間はナビ子さんはけっこう暇そうであまり案内してこなかったな〜、せっかくなんだから、コミュニケーションとかとってくれたりすると面白いと思うんだけど。 
[PR]
by r_kanako | 2005-11-07 01:20 | おでかけ