わたしのまいかーライフ。コロコロまあるいシトロエンC3と、ちっちゃなスーパースポーツ・スズキカプチーノの「ま、いっかー」な日々・・・。


by r_kanako

出島さんぽ

e0092444_137491.jpg 久しぶりの長崎、現在、出島を「復元」するべく工事が進められている・・・そんな出島を散歩してみました。




 以前は周囲の埋め立て地に飲み込まれてすっかり面影を失っていた出島ですが、ここ数年、オランダ人が残した模型やさまざまな史料をもとに復元工事が進んでいます。既に「神学校」などは復元され、往時のたたずまいを取り戻した建物は積極的に公開されています。内部はさまざまな展示があり、出島復元の苦労も伺えるものになっています、建物の一部は「遺跡」としての出島を傷つけることに無く残すためにその遺構の上に土台を渡してさらに伝統的な工法で建築されていたり。

 細かい部分では「側溝」なども当時の形を極力再現されています。

 まだまだ工事現場ですが、カピタン部屋(キャプテンの住居)なども姿を現してきて、とても不思議な光景がそこに出てきました・・・建物の基本的な作りは日本家屋そのものなんですが、窓や階段などに洋風の飾り付けがなされ、内部も畳敷きに壁紙を貼った和洋折衷。オランダからジャワ(インドネシア)を経て日本にたどり着き、ここに住まいした彼らはどんな気分だったのでしょうか。そんな彼らが残したスケッチなどが絵はがきとして売られていて、江戸時代末期の外国人から見た日本が垣間見えて来ます。

e0092444_13141214.jpg

 出島の一角には当時の姿を再現した模型があり、古くなっているので少々傷みが見られますが、当時の様子が再現されています。でも、出島復元のあかつきにはこの模型の部分に建っていた建物が復元されるのでしょうか・・・その時にはこの模型は姿を消しているかもしれませんね。
[PR]
by r_kanako | 2005-11-28 13:22 | おでかけ